就活

通ってはいけない就労移行支援【職員による、職員のための施設】


刺激的なタイトルですが、
今回は通ってはいけない就労移行支援事業所(以下、「事業所」と略して記載あり)について、私の失敗談を交えて書きました。

こんな人へ向けて書きました
  • 就労移行支援事業所へ通うことを考えている
  • 通ってはいけない事業所を知りたい
  • 事業所に通っているが合わない


結論から言うと、
事業所や職員が優先され、利用者の意向を無視するようなところは通い続けないほうがよいと思います。


私は1年間通って退所し、
職業訓練に移って勉強しながら自力で就活して2か月後に転職しました。

まどり

正直、就労移行支援事業所にいた1年間もの貴重な時間を無駄にしたな…と思ったよ

これを読む方が私のような失敗をしないように、
失敗談(事業所の退所理由など)をここに書きました。
最後まで読んでいただけると嬉しいです。

通っていた就労移行支援事業所について

簡単に、私が通っていた就労移行支援事業所を紹介します。

◆事業所の場所
 東京23区内

◆通所期間
 2014~2015年の約1年間

◆通所時間
 10:00~16:00(週5日)

◆通うきっかけ
 知人の紹介

◆利用者について
 約20名
 発達、精神、知的障害の20~50代の男女

通ってはいけない理由① 職員優先

ここからは
【通ってはいけない理由】と共に、
私の失敗談と「退所理由」になります。

まず、
就労移行支援事業所に通い始め~卒業(退所)までは、以下の流れが多いかと思われます。

  1. 通所に慣れる期間(最初の数か月)&ビジネスマナー・スキルの習得
  2. 履歴書、職務経歴書の作成
  3. 企業実習に参加
  4. 就活
  5. 内定→卒業(退所)

*③④は同時に進められたり、前後するかも。


通い始めて1年近く経つ頃、
ゲーム会社で3週間実習することになりました。

実習時間はPM5:30まで

実習終了後、毎日事業所に報告の電話するよう言われたのですが、担当の職員から、

「勤務が5時までだから、電話しても(事業所に)いないかもしれない」

と言われました。


えっ……?


知らされていた電話番号は事業所のみ。

実際、実習後に電話すると、

担当職員はすでに帰っていたり、
電話に誰も出ない時がありました。


利用者の実習が終わるまでは、せめて何かしら対応できるようにしておこうよ…と思いましたよ(;^ω^)

だって、
利用者が企業へ実習している間も事業所に補助金が出ているのです。
そこはフォロー体制を整えておかないとさ…

例えば担当職員に携帯電話を持たせて午後6時頃まではつながるようにしておくとか、利用者の実習時間に合わせて職員の勤務時間を30分~1時間ずらすとか。

この事業所は、
社員の幸せや充実を大切にする旨がホームページにも書いてあります。
もちろん、企業(事業所)として社員を大切にすることはとても大事です。

けど、当たり前だけど
就労移行支援事業所の存在意義を考えた時、利用者の大事な局面(企業実習など)でも職員優先、というのはちょっと違うんじゃないかと私は思いました。

実習後、ちょっとした不安や相談をしたかった時に連絡がとれず、
私には

利用者そっちのけで、職員優先にうつったし
事業所そのものへの不信感につながりました。

通ってはいけない理由② 利用者の意向を無視

この事業所に入る前から理事長や職員に、

ひとり暮らしをしていて失業給付(障害者手帳を持っていると約10か月間もらえる)で生計を立てているので、10か月以内に、長くても1年以内に転職先を決めたい

と再三伝えてきました。

が、
私の意向はうやむやに(スルー)されて、事業所と職員の意向が優先されているように感じました

例えば、
就活したい、と申し出ても
「まだ早い。もう少し通所してから」
「あと3か月くらい生活リズムを整えてから」

などと言われ続けました。

確かに働く基本である【生活リズムを整える】とか【安定して通所する】は大事です。

ただそれは利用者に合わせて柔軟に様子を見るというより、事業所として2年間通わせることが前提でスケジュールが組まれているような、まず「安定して通所する」期間も一律「3か月」とか「6か月」と期間を決めている感じでした。

一見「利用者のため」という体(てい)ですが、
就労移行支援の通所期限である2年間ギリギリまで利用者を通わせると、事業所としては得なのです。

非常にグレーな言い方とも思えます。
事業所の経営的に、
短期間で利用者が入れ替わると、事業所として人手も手間もかかるし安定収入が得にくくなります。


次第に私の意向が無視されているように感じられてきました。
失業給付も残りわずかとなり、
お金の心配が大きくなって具合が悪くなってきました

このまま通い続けていたら、2年間ギリギリまで通わされる、その間は無収入なので生活保護……

焦りと危機感、不安が大きくなり、
ついに体調を崩すようになりました。

発達障害の私が月収10万円で東京でひとり暮らしができたワケ【グループホーム】 物価の高い東京でどうやって月収10万円でひとり暮らしをしたのか?結論を言うと家賃がほとんどかからなかったので実現しました。私は数年前東...

また
欠席の連絡をすると職員からよく、
「通勤の練習になるから、(事業所に)顔を出すだけでいいから来れたら来て」
と言われました。

1分でも利用者が事業所へ顔を出せば、事業所には補助金が入ります。

私はくり返し職員に、

「就活をはじめたい」
「企業実習へ進みたい」

と伝えましたが、毎回やんわりスルーされます。

職員が就活に非協力的なので(就労移行支援事業所なのに…)
自らハロワへ行って就活をすると、やんわり止めらる
具合が悪くても通所するよう促してくる…

この事業所と職員に対して、

不信感と焦りが膨らんできました。

2年間ギリギリ通って就職先はA型作業所の利用者


私が通った1年の間に、
就職が決まって晴れて事業所を卒業する利用者が何人もいました。
(みなさん2年ギリギリでの卒業でしたが…1年半未満で卒業する人はいなかった)

中には

A型作業所へ就職(といっても職員ではなく利用者)した利用者も数名いました(;^ω^)

正直、耳を疑いました。

ホームページに「就職率」や「定着率」の実績を数値で載せている事業所も多いけど(この事業所は載せている)、
もしA型への就職(利用者)を就職率などに含めていたとしたら私は詐欺だと思います。

まとめ

以上、
私の失敗談でした。


まとめると、

通わないほうがよい就労移行支援事業所

  • 職員優先
  • 利用者の意向を無視する


くり返しになりますが、
私は就労移行支援事業所を1年で辞め、

一般の職業訓練に通いながら

自力で就活して、2か月で再就職先が決まったんですよ…
本当に、事業所へ通った1年間は何だったんやろ……


時間を無駄にしたなぁ…

と今でも思います。

100%無駄ではなく少しは学びはあったものの、

通わなくても全然よかった


この事業所とスパっと縁を切れてスッキリしました。
なかなか最初の見学で見抜くのは難しい事業所でした。

違和感を覚えはじめて、
勇気を出して退所して結果的によかったです。

まどり

私の失敗談が、あなたに合う事業所にたどり着くヒントの1つになってくれたら嬉しく思います

【体験談】発達障害の人の就職支援サービス【メリット・デメリット】 まどりです。今回は、発達障害の人が利用できる就職支援サービスについて、夫ケイさんと私が過去に利用した就職支援サービスの感想をメリット・...