発達障害

【発達障害】まどりの困りごと 疲れやすさの対処法


私の発達障害由来の困りごと、
疲れやすさの原因と対処法について書きました。


発達障害の困りごとは、
 ・診断の有無
 ・ライフステージ
 ・物理環境、ヒト環境
等によっても変わると思います。

いま私が最も困っていることは「疲れやすさ」です。


過去の困りごとはチラッとこちら↓にも書きました。

はじめに プロフィール はじめまして、「まどり」です。このブログは、夫婦ともに発達障害の夫ケイさんと私まどりのことを中心に、私の視点から語っていきます。 ...

まどりの発達障害特性と困りごと

まどり

ひと言でいうと【疲れやすい】のがいま最も困っています


私は、主な発達障害3つが併発して(混ざって)います。


ASDでは、
・人間関係の構築困難(たいていの人間関係が長続きしない)
・人との距離感を間違える(近すぎ、遠すぎ)
・状況(空気)を読めないor読めてもどのような言動をとれば良いかわからない
・気が利かない

ADHDでは、
・頭の中が常に多動
・考える前に衝動的に動くことが多い
・刺激を求める
・気持ちや行動の切り替えが苦手(ASDかな?)
・過集中

LDでは、
・読み書きが遅い(小学6年生並み)
・聞いた言葉の「音」と「意味」の結びつけ困難(口頭理解や会話が遅い)



また、
情報処理が遅いのに刺激を求めるという
やっかいな性質を持っているため
すぐ不安混乱に陥り、不安定になりやすいです。

そもそも情報をストックする部屋が小さく、
収納しつつ整理・断捨離ができません。

すぐに頭の中がぐちゃぐちゃで一杯になり混乱します。
混乱すると強い不安を感じます

視覚過敏もあるので、
光の加減や周りの色カタチ等の情報処理が追いつかずすぐに疲れてしまう。

まどり

非常に疲れやすいのに、自分が疲れていることを自覚しにくい「自己モニター障害」があってある日突然糸が切れて寝込みます。

数値的には、IQは106のごく平均。
WAIS-Ⅳ(ウェクスラー成人知能検査)では
言語理解が平均より高く(112)、
処理速度が若干低め(96)。

動作性の下位項目にバラツキがあり、
特に低いのが符号7。
最も高いのは単語14。


また、「SRS-2」というASD具合を測定したら
スコアが77で「重度範囲」に該当。


「孤立している」
「他者と同じ波長に乗れない」
「深刻、または極度に、他者との関係に困難を抱えている」

との結果でした。


二次障害も抱えています。
・不安障害(視線恐怖症など)
・うつ病

貧血の持病もあるため、油断すると貧血が進行してしまい
易疲労に追い打ちがかかります。
(現在根治中)

また、
発達障害では説明がつかないHSPの性質もあります。

他者の感情が自分の中に勝手に流れ込み
よく自分事のように共感して涙しています。
涙もろい。

人が怒られる場面に出くわすと、
私まで怒られているように感じて体が硬くなって委縮してしまいます。


多くの人と接した日や予定外のことが多発した日は
夕方を待たずグッタリ…

そして夕方~寝る前にかけて
強制的、かつランダム
その日の出来事が頭の中で自動再生・自動反芻が始まり
不安と混乱に襲われます。


障害者手帳は2級。
発達障害の診断は2011年、
31歳の時でした。

まどり

こうして書き出すと自分も大変ね…

疲れやすさの対処法


とても疲れやすいのに、
常に刺激(情報など)を求めてしまう。

このやっかいな性質は治らないので仕方ないと半分諦めています。

長年の性質を無理やり治そうというより、
この性質の理解にできるだけ努め、
対処法をいろいろ試しています。


ストレス発散法と被るところもありますが、
現在の私の
体と脳(心)の休め方、癒し方です↓


行動

・疲れる人、場所はなるべく避ける(都心の人込みなど)
・居心地のよい環境で好きに過ごす(お気に入りのカフェでのんびり)
目を閉じる(視覚過敏で、目からの情報過多で疲れるため)
→1~3分の短い時間でも疲れが和らぎます

・スマホ、PCにブルーライトカットの設定
・疲労度を記録、人に話して客観的に俯瞰

・体を動かす
→ストレッチ、10~15分の軽い散歩は気持ちがリフレッシュして血行もよくなり全身に酸素が運ばれて疲れが和らぎます。

・訪問看護、カウンセリングで頭の中の交通整理を手伝ってもらう
・家族に「疲れているように見える?」と聞く
→疲れているとの返事なら、自分の体と心に耳を傾け疲労度を確認し、素直にどこかで休む

また、疲れを少しでも軽くするため
働き方を在宅勤務に変えました



意識

・滑稽な完璧主義を自覚
・その日やろうとしたことが出来なくても「まあいっか」と口に出し、自分を追い込まない
・自分の気持ちも含めて「言語化アウトプット)」し、頭の混乱と不安を和らげる


グッズ

・「あずきのチカラ(目もと用、肩用)」を多用
→眼精疲労、肩こりにオススメです。強制的に数分間眼を閉じることができて疲れが軽くなります。

・部屋は暖色照明で調整
・好きな飲み物を飲む(私はコーヒー)
サプリメントを飲む(鉄剤、マルチビタミン等)


敷居が低く、お金もたいしてかからず
好きなこと心地のいいことをしています。

これだけ書きましたが、
書いたことが何もできないくらい疲れ果ててしまう時もありますけどね…(;^ω^)

少しずつ柔軟に
対処方法をちょこっと変えたり、やめたりしながら
今日も生きています。

まどり

疲れを取る1番の方法はぐっすり眠ること!

さいごに


私のいま最も困っている「疲れやすさ」についてサラッと書きました。

上に書いた対処法を組み合わせているうちに、
ある日突然糸が切れて寝込む頻度は劇的に少なくなりました

あくまで私の対処法なので、これを読んでくれた方に合うとは限りません。
ただ「自分も試してみよう」と思って試していただけるとちょっと嬉しいです。

大人の発達障害★あなたの相談にのります 【秘密厳守】精神保健福祉士があなたの悩み解決を一緒に考えます