出産

【産後の強い味方②】ファミリーサポートで助かったこと


私は産後
ファミリーサポート(通称:ファミサポ)
を利用していました。


今回、産後の心強かったサービスについて私の体験談も合わせて書きました。

こんな人に向けて書きました
  • ファミリーサポートって何?
  • 低額で利用できる産後のサポート(サービス)を知りたい、
  • 将来子どもがほしい人

読んでくれた人の参考になればうれしいです。

【産後の強い味方①】養育支援ヘルパーで助かったこと 「養育支援訪問事業(養育支援ヘルパー)」をご存じでしょうか。産前産後に心身の病気、ひとり親、若年者など支援が必要な人を対象にした公的サ...

ファミリーサポートの利用方法

ファミリーサポートとは

地域の住人同士が育児を助け合う、会員制サービス。
育児のサポートを受けたい人(利用会員)と、
育児のサポートを行いたい人(提供会員)が結びつき、サポート(サービス)が行われる。


厚生労働省
子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業)https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ikuji-kaigo01/

ファミサポを実施していない自治体もあります。
また、自治体によって受付窓口、対象年齢、料金体制、サポート内容など異なる場合があります。
ファミサポをお考えの方はお住まいの自治体にお問い合わせください。

この記事は私の住む自治体の話になります。


実施主体

区市町村


■窓口

自治体のファミリーサポートセンター


対象

生後57日から小学6年生まで


費用

1時間800
 *無料(幼保無償化の対象事業。自治体へ別途手続きが必要)


サービス内容

  • 育児全般(授乳、おむつ交換、沐浴など)
  • 健診や通院の付き添い
  • 登園や学童の送迎


利用の流れ

  1. ファミリーサポートセンター(以下センター)に連絡し、「利用会員(サポートを受けたい人)」登録を行う
  2. センターが「提供会員(サポートをする人)」を探して、サポートの依頼をする
  3. 事前の打ち合わせ(顔合わせ)→提供会員の方、センター職員、自分
  4. 提供会員の方とお願いする日時を連絡し合い、決まったらセンターへ自分で連絡
  5. サポート開始


ルール等

  • 提供会員(サポートする人)さんと連絡先を交換する
  • 自分からサポートをお願いする
  • サポートをお願いする日時が決まったら、センターへ自分で連絡(報告)する
  • 新しい場所(公園など)でのサポートをお願いする場合、事前に3人(提供会員さん・センター職員・自分)で経路などの確認が必要
  • 利用料金が発生する場合、その場で現金支払い
  • 家事支援は基本的にはなし(育児のみ)
まどり

利用までが正直少し面倒ですが、産後周りに頼れる人がいなかったのですごく助かりました


養育支援ヘルパーとの違い

ファミサポ…基本的に育児サポートのみ
子どもを預けて保護者は外出(通院やリフレッシュ等)できる。

養育支援ヘルパー…自宅に自分もいなければならず、子どもを預けて外出できない。
外出する場合は必ず子どもとヘルパーさんも一緒というルール。

【体験談】ファミサポで助かったこと

簡単に私の利用方法を紹介します。

2020年2月、3月に5回利用しました。
1回あたり3~5時間
娘が生後2~4ヶ月の時でした。

協力者(提供会員)は、
3人の子育てとベビーシッターの経験を経験された、近所にお住いの50代女性

主なサポート内容は、
娘の世話(おむつ交換、授乳、ベビーマッサージなど)
・娘の遊び相手(絵本の読み聞かせ、散歩など)
でした。

サポートに来ていただいた時は、
下の写真のような『活動報告書』を毎回書いて渡してくれました。

娘を預けている間、
何時にどんなサポートをしたか、具体的にわかりやすくご報告いただいたので安心してお願いできました。


提供会員の方に自宅の鍵を預けて私が外出、
自宅には提供会員さんと娘の2人きり。

最初は正直少し不安でした。

けれど帰宅すると、
いつも娘がとってもいい表情をしてゴキゲンなので、
いい時間を過ごせたんだなぁと感じることが多くてホッとしました。
(双方に誤解のないよう念のため貴重品は持って外出していました)

まどり

高齢の親に頼れず、ママ友のいない私はファミサポ様様でした



ファミサポで助かったことは主に3つ。


①リフレッシュできた

毎日24時間、娘と2人きりで長時間過ごしていると閉塞感に襲われて気が触れそうでした。

提供会員の方に来てもらって娘を預けている間、1人でゆっくりカフェでお茶したり美味しいご飯を食べて、ものすごくリフレッシュできました。
娘は可愛いし大切な家族、ですが言葉の通じない赤ちゃんとずーっと一緒にいるのは大きなストレスでした。
ほんの一時でも離れられると、気持ちがリセットされて、また娘の世話をがんばろう!と思えました。


②通院ができた

自分自身の定期通院ができず困っていたところファミサポさんに頼めて無事に通院できたので本当に助かりました。
①とも被りますが、通院(外出)したことで娘と一時的に離れられて気持ちもかなりリフレッシュできました。


③育児のちょっとしたアドバイスをくれた

保健師さんに電話して聞くまでもなさそうな、
ほんのちょっとした育児のコツや相談を提供会員の方にすると丁寧に応えてくださって、大きな安心感につながりました。

まとめ


ファミサポをお願いするまでの手続きやルールは正直面倒ですが、
身近に頼れる人がいないパパママにとって心強いサービスです。

提供会員(育児サポートをする人)の方もしっかり研修を受けてから提供会員になるので安心ですし、何か困ったことがあれば間にファミリーサポートセンターが入ってくれます。

ファミサポに頼むことで、
子どもを預けて買い物や通院など外出ができて、
自身のリフレッシュにもなります。

子どもを預けて外出してみて、こんなにも精神的にリフレッシュできるんだ、
リフレッシュは大事だと実感しました。


産後、身近に頼れる人がいない方は、
ファミサポを検討されてはいかがでしょうか。
ファミサポもまた、産後の強い味方になってくれると思います。

【産後の強い味方①】養育支援ヘルパーで助かったこと 「養育支援訪問事業(養育支援ヘルパー)」をご存じでしょうか。産前産後に心身の病気、ひとり親、若年者など支援が必要な人を対象にした公的サ...