出産

【産後の強い味方①】養育支援ヘルパーで助かったこと


「養育支援訪問事業(養育支援ヘルパー)」をご存じでしょうか。


産前産後に
心身の病気、ひとり親、若年者など
支援が必要な人を対象にした公的サービスです。


実はこのサービス
あまりおおやけにはなっていません(;^ω^)
(少なくとも私の住む自治体はそうです)

今回はこの養育支援訪問事業養育支援ヘルパー)の
 ・利用方法
 ・私が実際に利用した体験談
を書きました。

こんな人に向けて書きました
  • 養育支援ヘルパーって何?
  • 産後どんなサポートがあるか知りたい人
  • 将来子どもを望む人

養育支援ヘルパーの利用方法

https://twitter.com/madori_hanai/status/1216157558341132289


実施主体

区市町村


窓口

子ども家庭支援センター(自治体によるかも)


費用

1回600円(2時間)
 *非課税世帯は無料


サービス内容

◆家事支援
 食事の準備、後片付け、洗濯、掃除、買い物など

◆育児支援
 授乳、おむつ交換、沐浴、健診などの付き添いなど


利用の流れ

  1. 子ども家庭支援センター等に産前産後や育児の相談をする
  2. 子ども家庭支援センター等の職員が家庭訪問し、利用申込書に記入
  3. 自治体(実施主体)の審査に通る
  4. 後日、再度家庭訪問(ヘルパー事業所の職員+子ども家庭支援センターの職員)し、ヘルパー訪問の日時などを調整する

養育支援ヘルパーの特徴は、子ども家庭支援センター等の職員が
「この人には養育支援ヘルパーが必要」
判断されて初めてサービスを紹介されます
かつ、
サービスが利用できるか自治体の審査を受けてOKが出れば利用できます。

なので、妊娠中から自治体の子ども家庭支援センターとつながっておく、身近に育児をサポートできる親族がいないこと等困りごとを相談をしておくと、養育支援ヘルパーを紹介されやすいかもしれません。

ルール等

  • 利用期限は子どもが1歳まで
  • 5回で終了(延長の有無は子ども家庭支援センター、自治体が判断)
  • ヘルパーさん訪問中は家にいないといけない(子どもをヘルパーさんに預けて買い物などできない)
  • ヘルパーさん訪問中に外出する場合は必ずヘルパーさんも一緒


養育支援訪問事業(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/kosodate09/

【体験談】養育支援ヘルパーで助かったこと

まどり

産後、心も体もボロボロのしんどい時に毎週ヘルパーさんが来てくれて本当に、本当に助かりました…涙


出産トラブルに見舞われ心も体もボロボロ、
夫ケイさんの躁状態の悪化、
待ったなしの育児、
両家の親も高齢で手助けが期待できず、
また、日に日に悪化するコロナ禍の不安…

そんな中毎週笑顔で来てくれた
ヘルパーのKさん(70代女性)は救世主でした。
今でも感謝しきれません。

生涯役立ちそうな簡単レシピを習得できたのもヘルパーKさんのおかげです。

私の出産体験記はこちら↓

【出産】経過順調な妊婦が死にかけた話【前半】 まどりです。およそ5ヶ月ぶりのブログ更新です。この5ヶ月の間に出産を終えて、どうにか無事に娘が生まれました。いま娘の世話にてんてこ舞い...


ケイさんの不調についてはこちら↓

発達凸凹夫婦、離婚の危機①【警察沙汰】 『発達凸凹夫婦の記録』このブログを立ち上げて8か月が経ちましたが、いま私たち発達凸凹夫婦は離婚寸前です。なぜ離婚寸前なのか、これまでの...
一生ものの簡単レシピを教わった


利用期間
 2020年1月~3月末
(娘が保育園入園まで)
*娘が生後2~4ヶ月

利用時間
週1~2日
1回2時間(平日昼間)


担当ヘルパーさん
 75歳の女性


サービス(サポート)内容
・家事(洗濯干し、掃除機かけ、お皿洗い、お掃除)
・娘の見守り、遊び相手
・簡単作り置きレシピのレクチャー



助かったこと
・気持ちが救われた(週1来てくれる心強さ、頼っていい安心感)
・心も体も不安定な産後、話し相手になってくれた
・洗濯やお皿洗い、娘の遊び相手などしてくれている間ゆっくり休めた
・簡単な作り置きレシピ3品を教えてくれた



24時間2か月の娘と2人きりで過ごしていると
閉塞感に覆われて不安定になり、より具合が悪くなります。

そんな中、毎週決まった時間に笑顔で来てくれて、
溜まった家事をテキパキ、サクサクこなして
娘の世話もしてくれて、
産後心も体もボロボロだった私は本当に救われました。

毎週元気ハツラツなヘルパーKさんを心待ちにしていました。

訪問時間は2時間でちょうどよかったです。
あまり長すぎてもこちらも気を遣って返って疲れてしまうし、
ヘルパーkさんは2時間あれば、わが家の1日の家事の大部分は終わります。


Kさんに
「超簡単で、日持ちする作り置きレシピを教えてください。」
とリクエストしたら、
 ひじきの煮つけ
 こうや豆腐
 きんぴらごぼう

の3品を教えてくれて一緒に作りました。

『今まで何で作ってこなかったんだろう?』
というくらい簡単に作れて感動。

まどり

今では私の、わが家の定番&常備メニューになりました(上の写真)


ヘルパー最終日の前、Kさんと娘と3人で近所の公園で花見をしました。

まどり

ヘルパーKさんと、ヘルパーを頼んでくれた子ども家庭支援センターの方に感謝でいっぱいです

まとめ


今回は、養育支援ヘルパー(養育支援事業)について書きました。

この公的サービスは
あまりおおやけになっていないので知らない人が多いかもしれません。

1人でも多くの、
特に発達障害を抱える妊婦さんや今後子どもを望む発達障害の人のお役に立てればうれしいです。

【産後の強い味方②】ファミリーサポートで助かったこと 私は産後ファミリーサポート(通称:ファミサポ)を利用していました。今回、産後の心強かったサービスについて私の体験談も合わせて書きました...