子育て

【保活】発達障害の私が待機児童激戦区で第1希望の園に入るまで【後半】

昨年の2019年、
私が待機児童激戦区で”保活”をした体験談の【後半】。

【後半】では、
保育園の見学、認証(保育園)の仮申し込み、
そして、認可の入園申込みについて書きました。


保活の流れについては下の図をご参考ください。
(今回も下の図に沿って書きました)

「①情報収集」については
【前半】に詳しく書いたのでお読みください。

【保活】発達障害の私が待機児童激戦区で第1希望の園に入るまで【前半】 コロナ禍と猛暑で厳しい夏が続いていますが、来年度(2021年4月)の保育園の入園に向けて、”保活”中の方もいらっしゃると思います。今回...
こんな人に向けて書きました
  • 保活ってどんなことをするの?
  • 親が発達・精神障害だった場合どうしたらいい?
  • 子育てに自信がないので子どもを保育園に預けて子育てを手伝ってほしい
  • 子どもをどこかに預けないと復職できない
  • 子どもを預けて仕事を(始めたい)探したい

ここで言う保育園とは「認可保育園」のことを指します。
ほかに「認証(都独自の施設)保育園」などさまざまな種類の保育園があり、「認可」以外の保育園のことをまとめて「無認可」と呼ぶこともあります。
保育園の種類についてはここでは割愛します。
詳しくは、私が参考にしているサイトをご覧ください。

◆認可と無認可の違いは?(こそだてハック)
https://192abc.com/72773

②保育園の見学

安定期に入った妊娠6~7か月にかけて、4か所の保育園の見学をしました。

待機児童激戦区に住んでいますが、
できることなら良い園に入りたい。

園見学の前に、わが家の園を選ぶ基準(最優先)を明確にしました。

園を選ぶ基準

  • 自宅から近い(毎日の送り迎えの負担を考えて)
  • 子どもがのびのび過ごせそうな園

上の基準をふまえて、近所の認可へ見学の予約を入れました。


見学の時に見たポイントは下の通りです。

  • 自宅から園までのルート確認(安全な道か等)
  • 園の雰囲気
  • 園児たちの表情
  • 職員の対応(言葉遣い、服装、あいさつ等)
  • 園のプログラム
  • 清潔感


見学は(日祝以外)毎日開催している園もあれば、土曜のみ開催している園もありました。

子どもを平日に預ける場合、可能なら普段の様子が見られる平日の見学がよいと思います。
理由は、土曜は園児・先生が少なく、平日とは異なる過ごし方・ルーチンの園が多いと思われるので。


最低でも5~6園は見学したかったのですが、
妊娠6~7か月の安定期とはいえマイナートラブルの嵐。
身体がしんどく、見学当日に体調不良でお断りする園が何か所かありました…

(幼保あわせて?)10園くらい見学するご家庭も少なくないと思います。

発達障害のある私の妊娠生活ふり返り【後半】 私はいま妊娠10か月。いつ生まれてもおかしくない時期に入りました。お腹にいる娘と対面できる楽しみと、出産の不安で毎日ドキドキしています...

それでも第一希望の保育園には夫婦2人で見学

開設して3年ほどの新しい園で、
園庭あり、部屋も広く清潔。
子どものからだ作りや自主性を大事にし、
子どもっぽい壁紙や飾りなどは一切なく、
センスのよい手ぬぐい等が飾ってあり
私もケイさんもひと目でこの園がとても気に入りました。

偶然ですが、私の母校が運営する保育園でした。
母校は発達障害児の啓発や支援にも力を入れているようです。

何だか縁を感じたなぁ

まどり

娘は今この園に通っています。
夫婦で見学できてよかった

5か月の子を抱っこしながら何園も見学するママ

余談ですが、
何か所か見学をしていると同じ人(見学者)にバッタリ会うことがあります。
「あ、この人、A保育園の見学で一緒だった」みたいな。

生後5か月の子どもを抱っこしながら園見学をしていたママと、偶然2か所の園見学が一緒で。

「確かB保育園の見学でご一緒しましたよね?」

C保育園の見学後に自然とママとの会話が始まりました。

ママいわく、

  • 保育園が決まらないと仕事に復帰できない
  • 子どもが1歳からの入園は厳しいことを知らなかった
  • 妊娠中から保活を始めていればよかった
  • これまで8園くらい見学をした

など話され、
これからそのままM保育園へ見学に行くと言い、別れました。

8月の炎天下の中、汗だくになりながら子どもを抱っこして次の見学先へと向かう必死なママのうしろ姿を見て、ギュっと胸が締めつけられて泣きそうになりました。

5か月の子を育てるだけでも大変なのに、保活のストレスまで抱えなければならないなんて…

保活の労力や時間、心配を、子育てやママ自身の心身のケアに割けていれば…

ママもパパも安心して子育てできる世の中になってほしい。

ママの子どもが無事、4月入園できますようにと強く願いながら、ママのうしろ姿をしばらく眺めました。

まどり

ママの子どもが今、どこかの保育園でのびのび過ごせているといいな

③仮申し込み

仮申し込みとは、
認可保育園に落ちた時のすべり止めに申込むことで、認可以外の保育所に申込みます(例:認証、認定こども園など)。

妊娠8ヶ月すぎに、夫の職場近くの認証に見学&仮申し込みをしました。


認証は、東京都独自(基準)の保育所

④入園申込み 生まれない…!

11月中旬、
いよいよ認可の申込み開始。

申込み先は、住まいの区市町村の保育課。

肝心の子どもが生まれてない…!(;^ω^)


(予定日は11月中旬でした)

申込み期間中に子どもが生まれていない場合、
まずは一旦【(認可の)仮申し込み】をして、
生まれたら【本申込み】をするという
とても面倒なことになりました。

申込み自体、そろえる必要書類が多く(在籍証明書、住民票、戸籍など)、わが家の状況や祖父母の情報まで詳細に書く必要もあって大変です(しかも手書き)。

私たち夫婦は発達障害があるので
それについても記載したり、障害者手帳のコピーを取ってそろえたり。
また希望園を10か所以上ピックアップして順番を決めるのも骨が折れました。
(さすがに30か所も希望を出すのは無理でした(;^ω^)
詳しくは【前半】をお読みください)

しかも記載ミスがあると入園申込みを受けつけてもらえません

この入園申込みの関係で、
夫ケイさんは役所を10回以上往復することに。

仕事でも数年に1度レベルの超繁忙期と重なり。
そして私の出産の立ち合いも重なって
本当に本当に大変だったと思います…

初めてのことで1つだけでも大変なことがいくつも重なり、
ケイさんの病状は悪化・躁転してしまい、
後々に警察沙汰に発展します…

この申込みの大変さ、面倒さもケイさんが病状悪化した一因かと。。

発達凸凹夫婦、離婚の危機①【警察沙汰】 『発達凸凹夫婦の記録』このブログを立ち上げて8か月が経ちましたが、いま私たち発達凸凹夫婦は離婚寸前です。なぜ離婚寸前なのか、これまでの...

そして無事に娘が生まれ、どうにかケイさんは役所の保育課へ入園申込みを済ませることが出来ました…!
(私は里帰り中)

そして…第1希望の園が決まる

そもそも親が発達障害で
受け入れてもらえる認可はあるのか。

それに第1希望のC保育園は人気。
昨年度(2018年)の倍率は0歳児で9倍
1歳児だと数十倍

ダメ元で第1希望にしたけど厳しいだろうな、第3~4希望あたりで決まるといいな…

そんなことを思いながら娘の世話に追われる日々。

2020年2月上旬

役所から1通の手紙が届きました。


第1希望認可保育園への入園許可書でした

…え。



第1希望……
の、C保育園…

に、娘が入れる……!?


やったーーーーーーー!


夫婦で小躍りしました。



長い保活がようやく終わった…

ひとつ、
大きな心配事が消えた安堵感にも包まれました。

保活が成功した理由

  • 妊娠中から保活を始めた
  • 最初の情報収集で役所の保育課へ直接相談
  • 園を選ぶ基準を明確にした

妊娠中から早めに動いたことが1番の成功要因だったと私は思います。

また、下調べ(情報収集)をしてから動いたことも、結果的に余計な労力や時間を消耗せずに済んだと思うのでよかったです。

特に最初の情報収集の段階で、
役所の保育課へ直接足を運んで相談したことも有益な情報が得られてよかった。
保活の流れ(入園申込みまでのスケジュール等も)をしっかり確認でき、わが家の状況を相談してどんな保育所がよいかいろいろアドバイスもいただけました。

昨年度の入園倍率など具体的な数値も教わり、厳しい現実を知って身が引き締まりました笑。

【保活】発達障害の私が待機児童激戦区で第1希望の園に入るまで【前半】 コロナ禍と猛暑で厳しい夏が続いていますが、来年度(2021年4月)の保育園の入園に向けて、”保活”中の方もいらっしゃると思います。今回...

さいごに

いま娘は毎日元気にC保育園に通っています。

コロナ禍の中、乳児の娘と自宅で2人きりで過ごした、あの窒息しそうだった日々が懐かしいです。

出産と入園申込み時期が重なり、2度の申込みで大変な思いをしたけれど(夫ケイさん)、奇跡的に自宅から最も近く保育環境もよい第1希望の認可に入ることができました

もしかしたら
園見学など飛ばして申込みをしたとしても、結果は同じだったかもしれません。

けれど夫婦でしっかり、子どもが毎日長時間過ごす環境を実際に見ておきたかった。

いくつかの保育園を見学してみて雰囲気(物理環境・ヒト)の違いも知れて比較材料にもなりました。
時間はかかったけれど、申込む時の安心感にもつながった。
(第4希望まではこの園、とハッキリ決められた)

最後に、これを読んでくれている(プレ)ママ・パパの保活が、
少しでもスムーズに効率的に進められて、希望する園に入れることを願います。


そして…

早い段階から保活を始められたきっかけになった前職に感謝します。

障害者雇用で働いてみた② まどりのケース2社目【ブラック企業と気づき】 まどりです。『障害者雇用で働いてみた②まどりのケース2社目【ブラック企業と気づき】』では、2社目の障害者雇用をふり返ります。私の体験談...