仕事

【事務】障害者雇用の仕事内容【通勤と完全リモート】


障害者雇用の仕事内容って、実際どんな感じか
イメージにしくくないですか?

まどり

私は求人票を見てもイマイチ仕事内容がイメージできず不安でした


イメージしにくいのは、求人票に書いてある仕事内容がざっくりしすぎているのはもちろん、障害者雇用の仕事内容を発信している人が少ないのもあるからかもしれません。

そこで今回、
少しでも障害者雇用の仕事内容をイメージできるよう、障害者雇用3社経験している私の仕事内容を詳しく書きました。

私は、
ホワイト企業ブラック企業
通勤完全リモート
激務まったり
を両方経験したので、バランスよく紹介できる気がします!

こんな人へ向けて書きました
  • 障害者雇用の仕事内容を知りたい人
  • 障害者雇用の事務職を目指している人

障害者雇用の『事務職』でも会社によって仕事内容にバラツキはもちろんあります

障害者雇用3社 仕事内容

1社目:超ホワイト企業
2社目:通勤(ブラック)←事務の経験はここから
3社目:現職、完全リモート(ホワイト)

1社目 超ホワイト企業

研修(勉強)が仕事でした。


以上です(笑)。

契約社員として企業に所属しながら、給与をもらいつつ
最新のITの勉強ができて非常に恵まれた環境でした。
勤務スタイルは、週3通勤、週2在宅勤務という混合でした。

ここで事務スキル(ExcelやPowerPointのスキル)を少しだけ身につけられましたが、実務には程遠く。

障害者雇用で働いてみた① まどりのケース【超ホワイト企業1社目】 発達障害の私まどりが障害者雇用で働いた体験談を1社目、2社目と分けてふり返りました。 *障害者雇用とは、障害者手帳を持つ人が自分...

2社目 通勤・ブラック企業

障害者雇用2社目が事実上の事務職本格スタート

3年半ほど在籍し、毎日通勤してました。

↑画像の左上の備品発注から右方向へ
私の主観で難易度順に並べています。
(画像の仕事内容で8割くらいカバーしています。
ほかに郵便仕分けや切手の管理などの雑務もやっていました)

右下の【デバイスの管理】が担当業務で最も大変で難しかったです。

これを見た人たちからは、

「ハード」
「激務」
「本当に障害者雇用?」
「この仕事1人でやってたんですか?」

などと言われ…

激務だったのか…!(;^ω^)

と気づきました(笑)。


何せ初めての事務職でほかを知らなかったので、
『事務はこんなものか』
と思っていました。

障害者雇用、しかもパートでしたが容赦なく仕事を振られてました。

これ健常者でもハードな仕事内容なんじゃ…?
と、今ふり返ると思います(;^ω^)

電話応対、来客対応、
職員400人弱の給与データ作成
500台のデバイス管理
取引先へデバイス修理の価格交渉をしたり
毎月部会や管理者会議でのプレゼン
求人への応募者に聞き取りをしたり、
インシデントのクロス集計して見やすくPPTにまとめたり。

部署では私が一番下っ端。
なので全体的に雑用が多く、仕事量もかなり多かったです。

おまけに人間関係は最悪で、通勤も往復3時間弱でしんどかったですが仕事自体は

すごくよい経験になったし、充実感を持って取り組めていました。

これだけは確実に言えます。

障害者雇用に少なくない、ただの法定雇用率要員や社内ニートということはなく、
私も部署のイチ戦力としてしっかり組み込まれて必要とされてる感“を持ちながら毎日仕事してました。

まどり

やりがい搾取に近かったかも…

障害者雇用で働いてみた② まどりのケース2社目【ブラック企業と気づき】 まどりです。『障害者雇用で働いてみた②まどりのケース2社目【ブラック企業と気づき】』では、2社目の障害者雇用をふり返ります。私の体験談...

3社目 現職・ホワイト企業

現職の仕事内容です↑

完全リモート勤務なので
電話応対や来客対応がないのはとても気楽です。
マイペース・まったり仕事に取り組めています。

↑画像も左上から難易度順に並べています(私の主観)。

いま業務の半分くらいPPT資料作成をしています。
作るのが少し難しい依頼もありますが、楽しいです。

マニュアル、社内案内板、定期広報(チラシ的な)など、
いろんなものをPPTで作らせていただいてます。

残りの半分はデータ入力中心。
サイトメニューの転記、顧客情報や企業情報の入力、
リスト作成、出勤簿のチェックなどけっこう多岐に渡ります。
ほとんどGoogleスプレッドシートを使っていて、Excelは時々使う感じです。

2社目の出社と比べると、仕事の幅は狭くなりました

ただ、得意なPPT資料作成をたくさん振ってくれてること、
何より静かで慣れた環境でストレスフリーで仕事ができています。

入社1年、在宅勤務は発達障害の私にメリット多い【障害者雇用】 2020年6月に入社して1年が経ちました。(2021年6月17日時点) 障害者雇用はこの会社で3社目。完全リモート勤務は初めてで...

ADHDは事務職不向きとは限らない

ADHDの人は事務職が不向き

と見聞きします。

が、私はADHDも併発してますが事務が不向きとは思ってません。
(すごく向いてるとも思ってないけど)


ADHDの人でも事務職が務まるのは
職場環境、仕事量、仕事の幅、
何より上司の理解によるところが大きいのではないかと思います。
(あとは服薬)

まどり

事務に限らずどの職種でも同じことがいえる

さいごに

今回
「障害者雇用の仕事内容が知りたい」
とのご要望を受けてこの記事を書きました。

障害者雇用3社(実質2社)の仕事内容を少しイメージできましたでしょうか。

通勤と完全リモートの仕事内容は、私の場合大きく異なっています。
やりがいがあったのは通勤2社目)でした。
が、

ストレスフリー幸せに働けてるのは圧倒的に現職のほうです。

通勤かリモートか混合か。
自分に合うのは、自分の生活が豊かになるのはどんな働き方か。

まどり

みなさんが働き方をじっくり考えて前進していけますように

大人の発達障害★あなたの相談にのります 【秘密厳守】精神保健福祉士があなたの悩み解決を一緒に考えます